2007年10月19日

私もニュースにいちゃもん

 あいかわらずマスコミにはいろいろ言いたい事があります。と思っていたら、いつも良質な記事を書いていらっしゃる村野瀬玲奈さんgegengaさんが『ニュースにいちゃもん」というテーマで書いていらっしゃいました。

村野瀬玲奈さん18日の記事「私も挑戦、「ニュースにいちゃもん」(^^; (追記あり)」


gegengaさんのブログ「かめ?」の選ぶトンデモ第1号

 沖縄で集団自決に軍関与の記述が教科書から削除されたことに抗議する集会に11万人集まったというニュースに産経新聞は「数は問題ではない」と書いていたのに、その後やけに数にこだわってなにやら写真を拡大して数えたとか…笑えます。

 16日の参議院予算委員会において民主党石井議員が「『P献金』というのがある。プレジデント(創価学会の)池田名誉会長を指す。国会議員一人当たり30万円徴収。公職選挙法違反なのか。これは、政治資金規正法違反なのか」と質問したことについて、勝谷さんによると、政教分離に関わる重大な質問なのに、朝日新聞ではその部分だけがぬけており、毎日新聞は聖教新聞を印刷させてもらっているので何も書いていなかったそうです。冬柴国交省大臣の「『P献金』が何物か知らないが、そういうことはしていない」は論理的におかしいではないか、といっていました。
阿修羅

 この前東京新聞に普天間基地の代替地付近に貴重な珊瑚礁があるという記事が出ていましたが、「辺野古」の文字はなぜか記事中に見当たりませんでした。郵政民営化に賛成するような人の意見(社説などではなく、個人の意見)も出ていたし、言論統制が行われているのでしょうか。

 
 昨日NHKラジオのニュースで「日米が対等に要望を出し合う『日米規制改革及び競争政策イニシアティブ』」と言っていましたが、日本からの要求はコンテナの検査が物流をさまたげないように、という程度なのに、アメリカからの要望は郵政民営化、医療機器販売の規制緩和、商法や法のシステムを変えることなどで、対応もアメリカ側は単に考慮する、という程度で受け流すのに、日本には期限を切ってどこまで進んでいるかの報告書の提出を要求しています。どこが対等なのでしょうか?アメリカの要望は必ずといってよいほど実行されているのです。しかも報道されません。

 フジテレビの6時のニュースで「偽装に詳しい人」が赤福もちについて「何をやっても消費者は買う。だましてやれ」ということでしょう、といっていましたが、どういう根拠でそういうのか、単にケチだったり捨てるにしのびない(もちろんそれも困りますが)という動機かもしれないのに、一番視聴者に刺激が強そうなことを言っていると思いました。辺野古に米軍の恒久的基地が自然を破壊しつつできてしまうかもしれないことなどに比べたら、食中毒で死者が出たわけでなし、そこまで騒ぐほどのことでしょうか?
 
 犯罪の判決について当事者でもなく、調書などの資料も見ていない近所の人に「どう思いますか?」などと聞いてそれを放送するのもナンセンス、百害あって一利なし、と思います。

 
posted by ヘリオトロープ at 21:39| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

今日の徒然なるまま

 数日前テレビで、若者だけでなく中高齢者にもネットカフェ難民が出現しているとして、住むところをなくして派遣でその日暮らしをしている中年女性の生活をとりあげていました。舛添氏が救済策をしぶって「税金を払っている人といない人の公平感が云々」とコメントしていましたが、それはおかしいと思います。

 税金も払えないような賃金しか払わない雇用の形態を「規制緩和」で許したのは政府なのだし、またしても国民をお互い分断していがみあわせて自分達を安全圏に置こうとする、腹黒い言い分だと思わずにいられません。舛添氏の理想は税金を一定額以上払っている人にしか選挙権がない時代なのでしょうか。

 長野智子さんが番組のまとめとして(一生懸命働いているのだから)「政府がひと押ししてくれたら抜け出せる」というと、黒鉄ヒロシ氏が「昔も無宿者がいたが、自分で努力して脱出した。私は政府が手を出すのには反対」と言いました。けれども、格差が制度になってしまった場合、自分の努力ではよほど運が良くなければ脱出できるものではありません。それに、皆が起業センスを持って生まれるわけでもありません。

サンデー・スクランブル

 話が飛びますが、犯罪を犯す原因は貧困や疎外にあることが多いと言うと、「どんな環境に育っても立派に生きている人もいる」と言う人がいます。けれども、それを格差を是正しようとしないで厳罰化ばかり進める口実にしてはならないと思います。

次の選挙では、まじめに働く人が普通に暮らせる社会をつくる政党に投票しましょう!


 さらに話が変わりますが、この前平和省のシンポジウムのときに伊勢崎賢治さんはISAFについてどうお考えなのか聞いてみたかったと思っていましたら、マガジン9条にインタビュー記事がありました。ぜひお読みになってみてください。

伊勢崎賢治の15歳からの国際平和学:番外編
posted by ヘリオトロープ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

ベルトコンベアーの行き着く先(承前)

13日(土)世界死刑廃止デー企画の続きです。
第2部は、「死刑囚の表現をめぐって」と題して、大道寺幸子基金の発表とシンポジウムでした。大道寺幸子基金とは、死刑囚の母、故大道寺幸子さんが残した基金を、死刑囚対象に絵画や文学などの作品を募集し、再審請求の費用の補助や展覧会に使うというものです。
審査員のかたたちのお話がありましたが、長編小説などはかなり読むのもつらそうです。毎日悪夢にうなされたとか。
アメリカでは、フィラデルフィアでHealing Wall といって、被害者加害者が刑務所で話し合って壁画を描いたそうです。また、被害者遺族と加害者家族が和解の旅をしようというJourney of Hope を三人の娘を殺された父親が提唱したそうです。

 安田弁護士から韓国で死刑廃止デーに行われた「宣布式」(死刑が10年停止され、廃止する法案が出されることを祝う)の様子の報告がありました。

その後、安田弁護士の司会により、鈴木宗男氏と佐藤優氏の鼎談が始まりました。印象に残ったところを書いてみます。
鈴木宗男氏:5年前マスコミの大変なバッシングに会い、田中真紀子=善、鈴木宗男=悪という色分けをされた。宮野さんは談合をしたと言われた当日、脳の手術をして療養中で、通話記録からもその場にいなかったことがはっきりしていたにもかかわらず、他の6人の証言が一致していたからと有罪になった。国会は、本人の弁明も聞かず逮捕許諾を出し、離職勧告を決議した。捕まってみると、検察は自分の描いたシナリオに沿って外堀から産めて行き、参考人の弱みにつけこみ証言させるとわかった。保釈の決定権は裁判所にあるのだが、検察のいいなりで、証拠隠滅と逃亡の恐れがあるとの理由で釈放が認められなかった。今更証拠隠滅といっても2度も家宅捜査がはいっているし、この顔でどこに逃亡できますか?

佐藤氏:鈴木さんにかぶせればすぐ出られたが、後ろめたさにビクビクして暮らすのはいやだった。「国策捜査」という言葉は私が考えたのでなく、検察が言ったことばである。

佐藤氏も主観的なことについては検察が片っ端から物語を作ると語っていました。

どうやって長い日数拘束されても頑張れたのか?という問いに

宗男氏:やったことなら別の戦い方があったが、やっていない。何の権限も持っていなかった事務員が癌の大手術をして放射線治療中だというのに捕まったときは、治療ができないと困るので検察のいうとおりに言っておきなさいと言った。もうだめかと思ったが、妻と娘が励ましたくれた。

佐藤氏:「巨匠とマルガリータ」という作品に「強いものからの恩恵はもらっておいてよいが、自分からお願いしてはいけない」ということばがある。早く出たいと思ったら負け。

 日本の裁判では、99,9パーセントが有罪になる。しかも1審で無罪でも80パーセントがひっくりかえされる。これで法治国家といえるのか?という話になり、ご自身が官僚だった(休職中)佐藤氏によると、官僚でない人は1000人にひとりしか無罪にならない、と考えるが、官僚はひとりでも「無罪を取られた」という表現をし、出世コースからはずれるのだそうです。
無実なのに懲役よりひどい拘禁が行われる、 不当な冤罪をつくる検察を裁判官が起訴するべきだという意見が出ました。

 また、「迅速化」ということで2年というタイムスケジュールに納められるため、鈴木氏の場合、弁護側の証言は聞いてもらえなかったそうです。

 まず官僚や検察など司法がマスコミにリークし、大きな記事にした記者はまた次に情報を貰え、出世するのだという両氏の意見に対し、安田弁護士からは、それは5年位前のことで今はマスコミが2ちゃんねる化してエンターテイメントになってしまっている、事実などどうでも吊るし上げる、との意見が出されました。

 刑事司法は死刑に耐えられるかという質問に、鈴木氏は今人の命にかかわる制度そのものを考えるべきと述べ、佐藤氏は拘置中に死刑囚と思われる人たちがまわりにいて、中のひとりが、半年に1度だけ許され母が面会に来たとき、筋肉の落ちた足でサンダルをはいてよろけるように駆け出していった後姿が忘れられない、なぜそんな罪を犯してしまったのか語り続けることで、殺人を減らすことができるのではないか、と話しました。

 裁判員制度により、死刑に国民が動員されることで、世の中はもっと悪くなるだろう、憲法には裁判員になる義務など書かれていない、憲法違反ではないか?思想調査のようなことをされて黙秘の権利はなく、表決の意見を言わないと罰せられる、、徴兵の義務への距離はないとの指摘がありました。

 佐藤氏は鳩山発言を聞き、「抵抗のプラハ」というアニメを思い起こしたそうです。自動的に次々死刑にする、それを許容する国民は、ナチズムやスターリニズムに繋がる

 世界の潮流に反して死刑が増えれば「東洋の神秘」などと思われ、国益に反する。議論の間はモラトリウムにするべき。結論として、死刑は宗教・信念以前に政治的問題であるから、政治的課題としてとりあげてほしいということでした。

(文字色による強調はヘリオトロープ)
posted by ヘリオトロープ at 23:50| Comment(5) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

ベルトコンベアーの行き着く先

 鈴木宗男氏・佐藤優氏・安田好弘氏の東京拘置所体験トリオの鼎談というのに惹かれて、FORUM90死刑廃止デー企画「響かせあおう 死刑廃止の声」に行ってまいりました。10月10日は盛会死刑廃止デーだそうですが、日本では土曜日にずらしてこの催しを開いたとのことです。
 最初に元冤罪死刑囚の免田栄さんがメッセージを述べました。だいたい次のような内容でした。
昭和24年7月ちょっとこいと連行された。その日は友人と一杯飲んで分かれてから旅館を探して泊ったが、そこは買春宿(当時官営・民営ともにあった)で、若気のいたりで、目が覚めると娼婦がいた。彼女の母はブローカー、接待婦、めかけなどして裕福に暮らし、警察とも親しかったが、未成年の少女の年齢を偽り身元保証人になって働かせていた。娘がその話を免田に話したと母にいったために、免田をつぶせとその日起きた事件の犯人にでっちあげられた。自白は検事のつづりかただった。3年で死刑判決が出た。カトリック司祭に再審制度があることを教えてもらった。今の司法制度は国民のための制度ではない。直さないと自分のような犠牲者が出る。民主主義に基づいて考えてください。

参照
温泉町に起きた大事件 免田事件

免田栄 獄中の生

 そのあと、田鎖弁護士より、世界と日本の状況について報告がありました。2月にパリに於いて「第3回死刑廃止世界大会」が開催され、中国から初めて参加者があったそうです。
国連では1994年モラトリウム(停止)を求める決議が行われ、8票差で否決されたけれども、人権委員会では毎年採択されてきたそうで、第62回総会の冒頭に提出される予定とのことです。死刑は人権の問題であるのに、国家の主権の問題にすりかえられるかもしれないが、国連決議の影響は大きいはず、自動的執行などおよそ許されないこと。日本は1999年拷問等禁止条約に批准してる。政府代表は「わが国の死刑制度は刑法に決められており拷問には当たらず、絞首刑は他の方法より残虐ではない」と述べましたが、「絞首刑が残虐ではないとは時代錯誤、ほとんどの国では残虐と思われている。自由権規約6条には最終的に死刑廃止を目指すとあるが、計画はあるのか?。絞首刑という忌まわしい方法による殺人を残虐ではないなどとは信じられません」と委員長に反論されています。日本の死刑囚に関する国内法自体が拷問に当たるとも指摘されています。監獄法が改正され、一歩前進したものの、現場では法に反するような通達が出され、新法に従わない意思を示している、ということです。

長くなるので、後半はのちほど。
タグ:死刑
posted by ヘリオトロープ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

罪と罰

 裏サイトで知り合った3人が共謀して通りかかった若い女性を殺して金品を奪った事件、このニュースを見て、「そんな奴らは極刑に!」と思うのは自然な感情、実は私もそう思いました。でも、死刑にしてほしいという署名に1万1千人の署名が集まったことには、ひっかかります。世論に司法が影響を受けるようなら、もうそれは司法ではなく私刑・リンチになってしまいます。被害者遺族の心に寄り添おうとするのはよいことですが、(ブログのお友達を含め私の周りにはいないけれど、)他のブログのコメント欄など見ると、中には「吊るせ!吊るせ!」とさけぶのが快感になっている人がありそうです。
 
 もし、たまたま通りかかって被害者になったのが、人に愛される罪のない女性でなくて、みんなに迷惑をかけてばかりの嫌われ者だったなら、同じ目的、同じ残酷さ、同じ方法で殺害した場合、罪の重さは違うのでしょうか?

 被害者の感情を考えるというなら、アーミッシュのようにすべて許すという人たちや、天涯孤独の人、あんな人は殺されて当然とささやかれるような人の場合はどうなるのでしょう?

 刑罰とは、被害者にかわって復讐することでないことは、罰金が迷惑を受けた人に渡されるのでなく、国庫にはいることをみればわかります。ルールを破った人にペナルティを与えることだと思います。ですから、死刑制度があるということは、国が国民に対し生殺与奪の権を握っているということになります。


 悪いヤツの人権など無視してよい、さっさと殺せばよい、というなら、殺してよい命といけない命があることになります。 死刑制度を認めるとしても、犯罪者の命でも、いったん奪えば回復できないことを重く受け止めないなら、命を軽視する殺人者と同じレベルになってしまいます。

 よく被害者の人権はどうなる?という疑問が出されますが、そもそも被害者の人権を侵したから犯罪者として裁かれるのであって、名誉毀損なら謝罪広告などで回復できるかもしれませんが、命を奪ってしまった場合は加害者を死刑にすることによっても被害者の命は回復できません。人間の力ではどうしようもない不条理です…



 昔ドストエフスキーの「罪と罰」を読んで以来、ずっと疑問に思っていることがありました。もしラスコーリニコフがあくどい高利貸しの老婆だけを殺して、偶然現れた姪まで殺さなかったなら、それほどまでに良心の呵責はなかったのだろうか?ということです。それでもソーニャは「大地に接吻して謝りなさい」というに違いないと確信しますが。
読んだのは高校生のころだったので、今読んだら受け取り方が違うのか、再読したいものです。

村野瀬玲奈さんのこの記事をぜひお読みになってみてください。
タグ:死刑
posted by ヘリオトロープ at 13:21| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ベルトコンベアー発言のその後

 法務大臣の署名なしで死刑執行が行われるようにしたいと発言した鳩山邦夫法務大臣が、法務省内で制度見直しについての勉強会を開いたそうです。
山陽放送
 最初に結果ありきでないなら、勉強するのは結構なことですが、それよりも冤罪を防ぐための改革を先にするべきだと思います。あるブロガーが、大臣の署名なしで死刑が執行される制度を鳩山大臣がつくるなら、これから先の死刑の署名をすべてすることになる、と書いていらしたけれど、そのとおりだと思います。

 代用監獄の廃止、取調べの可視化(全過程録画)、証拠を保存する義務、などが先に行われない限り、無実なのに死刑になる人が出る恐れがあります。
 

 有名な帝銀事件の平沢貞通氏が処刑されることなく獄死したのは、歴代の大臣がもしかしたら無実だと思っていたからではないでしょうか。当時の捜査官の手記には、使われた毒は青酸カリではなく、陸軍科学研究所登戸研究所が開発した青酸ニトリールと症状が合致しており、犯人は素人ではないとみていたのに、占領軍からの圧力で平沢氏が逮捕された、と書かれているそうです。

 袴田さんほか数名の死刑囚が現在無実を訴えています。
裁判官の良心

こんなにある20世紀の冤罪
タグ:死刑 冤罪
posted by ヘリオトロープ at 23:16| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

秋色イヤリング

秋色イヤリング 001.jpg 秋色のイヤリングが欲しくなって作ってみました。材料は琥珀、木のビーズ、紅玉、黄色のビーズは何でしたか忘れましたが、それに、銀線とイヤリングパーツ、丸カンです。写真を見て気付きましたが、ビーズの順番が違ってしまっています。直さなくては。写真もピンボケ。失礼しました。

 昨日のTBSラジオ・アクセスは田中康夫さんご出演でした。もうお金も返して処分もされて退職している地方自治体の元職員をさらに告発するのはリンチではないか、という議論でした。リスナーの意見は、犯罪なのだから告発するべき、という方が多かったのですが、社保庁の職員は時効なので告発しないし、自治体職員の不正が発覚したとき告発はしないで処分を決めた幹部の責任については議論せず、ガス抜きのようにすでに制裁を受けている元職員を再度罰しようとするのは、どうなのか?
自治体や社会保険庁が信頼できないから、民営化しよう、という方向へ持っていこうとするのなら、誰が得をするのか?というお話でした。

 こちらで特集部分がお聞きになれます。後半はテロ特措法関連についてです。

インターネット対談&Podcasting

 番組中で、国連が日本の給油に感謝したと政府や外務省は言っているが、原文のどこにも「日本に感謝」とは書いてない、外務省は翻訳を出そうとしない、とも語っていました。


posted by ヘリオトロープ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

福田康夫内閣と自民党役員のタカ派度

 「福田康夫内閣と自民党役員のタカ派度」という記事が週間金曜日10月5日号にありました。福田内閣はお下がり内閣と呼ばれるように、安倍内閣とほとんど同じ顔ぶれです。
ご参考までに。

福田康夫総理大臣 日本会議 改憲 靖国
高村正彦外務大臣 神道議連 靖国 拉致
渡海紀三朗文部科学大臣 靖国
石破茂防衛大臣  日本会議(副幹事長) 神道議連 改憲 靖国 拉致
町村信孝官房長官 神道議連(副会長) 教基法(顧問) 改憲(幹事長代理) 中国(顧問)

自民党役員

伊吹文明幹事長 日本会議 神道議連(幹事長) 改憲 靖国
細田博之幹事長代理 歴史 神道議連
谷垣禎一政調会長 歴史 日本会議 神道議連 靖国
二階俊博総務会長 改憲 靖国
古賀誠選対委員長 歴史 日本会議(相談役) 靖国
大島理森国対委員長 日本会議 神道議連 靖国
尾辻秀久参・議院会長 歴史 日本会議(代表委員) 神道(副幹事長) 改憲(役員) 靖国
山崎正昭参・幹事長 歴史 日本会議(副幹事長) 教科書 神道議連 靖国

歴史=自民党歴史・検討委員会
教科書=日本の前途と歴史教科書を考える議員の会
靖国=みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
中国=中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会
教基法=教育基本法改正促進委員会

 日本会議や教育基本法改正促進委員会には一部の民主党議員も参加しています。再任された大臣は書いてありません。

 福田さんは総理大臣になってからは靖国参拝はしないと発言していますが、小泉さんの首相時代の靖国参拝を擁護し、自身も参拝する会に所属して以前は参拝していました。核保有は合憲などと発言しており、残念ながらタカ派でないとはいえないようです。「女性にもいかにも『してくれ』っていうの、いるじゃない」「そういう格好しているほうが悪いんだ。男は黒豹なんだから、情状酌量ってこともあるんじゃないの」(社民党申し入れ書)などということもおっしゃっています。
町村官房長官は、森内閣の首相補佐官時代に出版社に裏から圧力をかけて慰安婦記述を削除させ、森内閣の文科省大臣として、新しい歴史教科書をつくる会の教科書(扶桑社)を検定合格させた「実績」があるとのことです。

 こんなことばかり書いていると批判が趣味だと思われてもしかたないかもしれませんが、一応資料として。
posted by ヘリオトロープ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

「どうなる9条改悪?どうする9条実現!」

殺すな.jpg 澤地久枝さんと鈴木一誌さんの「どうなる9条改悪?どうする9条実現!」という講演を聞いてきました。最初に参議院議員になった川田さんから国会報告がありました。

 参院選で野党が勝ち、改憲の動きは止まったが、衆院選の結果による。国民投票が最後の砦。今、憲法25条の生存権、「健康かつ文化的な生活」が護られていない。北九州で起きた生活保護の申請を受け付けないなどの問題や医療の地域格差など。年金問題にも政府の動きは鈍い。国の責任で行うべきことを地方自治体に行わせ、自治体の財政に応じ、差が出ている。安倍さんが倒れ、わかりやすい改憲はとりあえずなくなったが、3年の間にどう憲法の理想に現実を近づけるか?国内だけでなく国外の平和をどのように作っていくか?対話と外交、沖縄の問題に取り組んでいきたい。政府の戦争責任があいまいにされたために、周辺諸国との歴史認識の差や国民への責任があいまいにされた。薬害エイズも同様に国の責任があいまいにされてきた。政治はひとりではできないので、皆さん一緒にやりましょう、ということでした。

 澤地さんはすっきりと端正な着物姿できれいです。日本は戦後の減点からずいぶん離れてしまい、憲法違反がたくさんある。安倍さんが改憲するといったのも、憲法違反。政治家だけでなく財界人にも改憲して武器を売りたい、核すら扱いたい、という人たちがいる。前は遠慮していたのに、今では公然と言い、そういう人たちにマスコミは発言の機会を多く与えている。

 ミッドウェー海戦では、日本軍で戦死した最年少は15歳、米軍は17歳だった。日本兵には麦飯でよいから腹いっぱい食べたい、と言って入隊したものもいる。米兵も貧しさから入隊している。自由を失い、敵を殺すことまで考えていない。よく似た境遇の人たちが憎んでもいない相手を殺し、海に沈んで発見されない悲惨。現在の日本でも、景気が悪く仕事が少ない地方には露骨に自衛官募集の広告がある。私達は年ごとに貧しくなったと感じ、生活を脅かされている。福田さんは安倍さんを受け継いでいる。

 マスコミが総裁選のようなコップの中の嵐を毎日報道するが、護憲派の会などは盛会でも報道しない。
 今やるべきことは、ペシャワール会のようなこと。地元の人に技術を教え、生産できるようにすること。復興事業なら、丸腰で、と中村医師は言っている。(注 中村医師のサイト、報告一覧の毎日新聞記事には、「殺しながら助ける支援というものがあり得るのか」とあります)

 国家意思が何かしようとしても、私達がこうしたいと意思表示し、みんなが思い描く理想の社会を実現させるためにひとりひとりが判断していくことが歴史を決める。

 小田実さんが起こしたイラク派兵訴訟は、判決文が原告に渡されず、記者にのみ渡された。それほど司法がおかしくなっている。小田実さんの最後のことばは「しっかりしいな」だった。皆さん、一緒に歩きませんか。しっかりやりましょう。 
というような内容でした。

 グラフィックデザイナーの鈴木一誌さんのお話は、スライドを見せながらのアーティストらしいユニークな観点からで、興味深かったのですが、凶暴化した猫に朝早く起こされて寝不足だったために見失ってしまいました。申し訳ありません。

市民意見広告運動
posted by ヘリオトロープ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

教科書検定その他

 昨日は福田総理の所信表明演説に対する衆議院の代表質問がありました。たまたまラジオを流している場所にいて、BGMがわりにはちょっと無粋だなあ、と思いつつ、聞いていました。沖縄集団自決への軍関与が教科書から削除された問題、テロ特措法による給油の問題などについての質問が出ていました。でも、あらかじめ質問を提出しておいて、それを見て考えておいた、とおりいっぺんの答えを言いっぱなしなので聞いていてもあまり面白くありません。これから本格的に議論することになるのでしょうけれど。

 たとえば、教科書問題について。福田総理は、「沖縄の心を考慮」「歴史は正しく伝えなければ」(言い回しが少し違ったかも)というような内容のことをおっしゃいますが、「軍の関与があったと認める」とはひとことも言いません。教科書に「政治介入は避ける」というのは、正論ではありますが、それ以前に、文部科学省が介入していた問題には触れません。「専門家の集まりである審議会が審議して決めた」と答弁しましたが、集団自決については審議会の日本史小委員会の委員が、「日本史担当の審議委員の中に沖縄戦を専門としている先生はおらず、議論のしようがない」「日本史小委員会では『集団自決』に関する検定意見について教科書調査官の説明を聞いただけ。話し合いもせずに通してしまった。歯痒い思いだ」と語っています(沖縄タイムズ9月12日)。つまり、審議会が審議して決定したというのはウソなのです。

 また、6月15日の沖縄タイムスには、民主党川内博史衆院議員の調査により、文部科学省が、教科書用図書検定調査審議会に「沖縄戦の実態について、誤解するおそれのある表現である」と、日本軍の関与を占める記述の削除を求めた意見を出していたことが分かったという記事が載っています。


 それから、219億円かけたテロ特措法による成果はこれだけらしいです。
情報流通促進計画
posted by ヘリオトロープ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

後期高齢者医療制度

 来年4月から始めることになっていた「後期高齢者医療制度」。制度そのものは始まるのでしょうか?テレビのニュースなどではどうもよくわかりません。この制度が始まると、75歳以上のかた、および65歳以上75歳未満で一定程度の障害があると市町村長の認定を受けたかたは、これまでの国民保険を出て、こちらの制度に加入することになります。
行政の説明では、たいてい、窓口での負担は変わらないこと、今まで保険料を支払わなくてすんでいた被扶養者も払わなくてはならなくなり、年金から天引きされることなど書いてありました。この負担増はどうやら凍結されることになりそうです。ただし、法律はそのままということで、「凍結」がいつか近い将来「解凍」されることはあるということです。

 それに加え、政府は、高齢者医療の方向づけはそのまま進めていく、といっています。高齢者医療の方向とは、後期高齢者とそれ以下の世代で、病院・診療所に払われる診療報酬(医療の値段)を別建てにし、格差をつけようとすることです。差をつけるのが必要なこともあると思いますが、「後期高齢者の心身の特性に相応しい診療報酬体系」を名目に、診療報酬を引き下げ、一ヶ月何円限りと額を決める包括定額制を導入する方向を打ち出しているあたり、要注意です。また「かかりつけ医」に登録した患者数に応じて定額報酬にすることも提言されているそうで、そうなると、高齢者がコストがかからない医療しか受けられなくなる恐れがあります。

関連記事
全国保険医団体連合会
後期高齢者医療制度の中止を 日本高齢者大会が特別決議(赤旗)

厚生労働省 医療制度改革の課題と視点

日本医師会「後期高齢者医療制度について」

 もし、野党は批判ばかり、とか、安倍さんはいじめられてやめてしまってかわいそう、とか言っているかた、小泉改革の本性に気付いていないかた、とくに高齢のかたでそういうかたがまわりにいらしたら、教えてあげてください。
ただ、窓口負担が1割から2割に、などというのと違って、気付きにくい、説明しにくいんですよね。福田内閣は一事が万事そんなふう、でないといいですが。
posted by ヘリオトロープ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ビルマ(ミャンマー)緊急院内集会

 参議院議員会館にてビルマ(ミャンマー)緊急院内集会がありました。マスコミや議員さんたち(社民、共産、民主、川田さん)もたくさんいらして会議室がいっぱいでした。

 メモもせず、全部は聞いていないので、まとめられませんが、ビルマのかたが、民衆の心を伝えてくれていたジャーナリスト長井さんにおわびしたい、と語ったのが印象的でした。
福島みずほさんが、ODAの停止を要求するとおっしゃっていました。今回は政府も停止するのではないかということです。アムネスティは、諸国がビルマ(ミャンマー)への武器輸出を停止するよう提案するそうです。会が終わってから、若い在日ビルマ女性が、夜も眠れない、でもあきらめず頑張るので、日本のみなさん、よろしくお願いします、と目をうるませていて、間近にそういう言葉を聞くと、なにかできることがあったらしなくては、と思わずにはいられません。

 福島みずほさんのブログには、この院内集会のことなどのほか、自衛隊がテロ特措法を越えて行動していることが書いてあります。
福島みずほのどきどき日記
posted by ヘリオトロープ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

「今日から始まる」

 タヴェルニエ監督「今日から始まる」を見て、フランスにもこんな貧しさがあるのか、と今更ながら思いました。移民若者の暴動などあるからには、想像がつくはずでしたが、フランス人でもここまで、という、閉山した炭鉱の町の幼稚園の話です。

 その町は失業率35パーセント、昔は45人学級でも、貧しくても遅刻もなく清潔で問題なかったけれど、今は35人でも、親にも問題があって不潔だとベテランの先生も嘆きます。アタマジラミのいる子をどうしよう、と職員会議で話しあったりしています。園長は8ヶ月も電気を止められている家の電気をなんとかしてくれるよう要請したり、食券を持たない子には給食を出さないことにした市に抗議したり、親が迎えに来ないので子どもを送っていったり奮闘しますが、行政の監督官には抗議をしすぎる、プライバシーにたちいらないように、などと言われ、査定も減点される始末。心中事件が起きて行政は立派な葬儀をしたり、遠足の費用を出してくれたり… フランスでもこんなふうなのですね。
そのうえ恋人の息子や父との関係もぎくしゃくして。あの人たち(役人)のために働いているのではない、子供たちのために働いている、という先生と、心温かい敏腕の福祉委員が救いです。

 アーティストの恋人の提案でお金をかけずに子供たちと親が楽しめる会を開き、みんなは元気を取り戻し、園長はおそらく執筆活動に専念するために辞めることを決意するところで映画は終わりますが、考えてみれば社会的背景が変わったわけでもなく…
それでもなにか希望が見えてきたと考えるべきでしょうか。

 悩みの連続である日常を淡々といってもいい抑えた描写で映し出しているので、わりと淡々と見ていたのですが、あとになって、心中の道連れにされた女の子が、幼いなりに心得ていて、わがままも言わず、酔って泣いている母をなぐさめようとしていたことなど思い出して、泣けてきます。
posted by ヘリオトロープ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9条フェスティバル

 大井町きゅりあんで開催された九条フェスティバルに言ってまいりました。着いたのが3時ごろでしたので、天木さんや鈴木邦男さんがご出演になる講演は聞けませんでしたが、いくつかの展示と、タヴェルニエ監督の「今日から始まる」を観ました。もっと早く行って「我、自衛隊を愛す、故に、憲法9条を守る」も聞けばよかった…

 教科書検定で沖縄の集団自決に関する部分から、「日本軍の命令による」が削除されてことに関する展示のコーナーでは、沖縄からわざわざいらしたかたが説明してくださいました。今日は沖縄でも集会があってそちらにも行きたかったのだけれど、こちらにも来なくては、と思って、8名でいらしたそうです。沖縄の集会にはなんと、11万人が集まったそうですね。テレビのニュースではどの程度報道されたのでしょう?

 慶良間列島のふたりの軍人が自決の命令など出していないのに名誉毀損だと訴訟を起こしたことを理由に、日本軍の命令はなかったと政府は言い出したそうですが、直接命令しなくても、役場などを通して通達を出していて、書類などは残っていないということです。教科書から日本軍によるという記述が削除されたことで、これまで思い出したくないと口を閉ざしていた人たちが、このままでは沖縄の歴史がゆがめられてしまう、と証言しはじめ、今日11万人もの人が集まるに至って、沖縄の議員は自民党でも賛同するようになっているそうです。
集団自決は慶良間だけでなく、あちこちでありました。教科書検定の際、審議会は文部科学省のいいなりで何も審議していたかったことが判明したとのこと。

 もうひとつ見たのは、アメリカ先住民イロコイ族を尋ねた人のコーナーです。イロコイ族には昔から憲法のようなものがあって、それが米国憲法や独立運動に影響を与えたのだとか。イロコイ族の領地は小さくなってしまったけれど独立していて、独自の憲法、独自の議会があるそうです。(日本政府は国家として承認していないそうです)
7代先のことを考える、というのがイロコイ族のモットーです。議会でいつも自然との調和を宣言する文章をよみあげるそうで、翻訳を見せていただきましたが、聖フランチェスコの「兄弟太陽、姉妹月」を連想させるものでした。

Wikipediaイロコイ連邦

 タヴェルニエ監督作品については、長くなるので後日。

 フェアトレードの出店でお財布と小銭入れを買いました。合わせて2000円ちょっと。インド製です。インドではヤギを食べるので、ヤギ革がたくさんあって原料費が安いためこの値段でも賃金をちゃんと払えるのですって。シマウマやフクロウ、花模様などあって、迷いましたが、やっぱり猫を選んでしまいました。ちょっと派手ですが。

saifu.jpg

こちらのお店です。
posted by ヘリオトロープ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ベルトコンベアーと死刑賛否は別問題 

 鳩山法務大臣の「ベルトコンベヤーって言っちゃいけないが、乱数表か分からないが、客観性のある何かで事柄が自動的に進んでいけば(執行される死刑確定者が)次は誰かという議論にはならない」 などという発言にはあきれましたが、批判をした亀井静香氏の面会を鳩山氏は断ったそうです。きちんと議論すればいいのに、と思うのですが、人間の資格がないといった人とは話し合う気はない、と言い、さらに、死刑廃止論を批判するようなことを言いました。

 けれども、それは自分の無責任さを隠すためのすりかえとしか思えません。今回非難されているのは、鳩山氏が死刑制度に賛成しているかどうかではなく、人の命を軽んじる考え方、態度、法務大臣として責任の重さを引き受ける覚悟がないことです。

 それに、今の日本の冤罪を生む取調べや司法を変えずに機械的に処刑していくなんて、とんでもないです。



 総理大臣は変わっても、ほとんどなにも変わっていない自民党。領収書を線引いて書き換えていいなら、領収書の意味がないような気がしますが…

【読売】福田首相の支部、国契約業者から寄付…公選法に抵触か
http://www.asyura2.com/07/senkyo42/msg/570.html

<スクープ>福田氏の政治資金 領収書書き換えた これは文書変造罪だ!【しんぶん赤旗・日曜版】



さて、イベント情報です。(とりあえず東京のみでごめんなさい)

29日土曜日

輝け9条!世界へ未来へフェスティバル2007

シンポジウムや映画その他盛りだくさんでどこに行くか迷いそうです。


・【日本の青空」上映会
中央区・本願寺築地別院 第一伝道会館 ブディストホール
詳細はこちら

各地上映日はこちら



イベントではありませんが、ミャンマー関連です。

・ミャンマー大使館前にて29日午後1時から4時まで抗議行動
・30日 デモ行進 1時30分五反田南公園集合 ビルマ大使館まで30分から40分かけて行進。その後ミャンマーのかたたちは48時間ハンガーストライキにはいられるそうです。

10月2日には参議院議員会館にて院内集会があります。

詳しくは福島みずほさんのどきどき日記をご覧下さい。

ハムニダ薫さんのところで知りました。ネット署名運動です。
こちら
posted by ヘリオトロープ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

平和省東京シンポジウム

 昨日平和省地球会議「東京シンポジウム」に行きました。防衛省は戦争を考える省なので、平和をつくるための平和省を世界中の国でつくるようにしよう、という運動です。ネパール、ソロモン諸島では既に実現しています。

heiwashou.jpg

 昨日のシンポジウムの第1部は「世界の平和省創設運動の現状」で、各国の人たちが自国の状況を報告しました。申し訳ありませんが、最初のフィリピンは聞き逃してしまいました。

 コスタリカでは、法務省の中に平和省ができることになっています。

 カナダでは、5つの政党のうち、新民主党(社会民主)とグリーンの支持をとりつけていて、他の政党も動き出しているそうです。カナダは国連の人権宣言採択のとき、中心的役割を果たし、イギリスにエジプト侵攻を要請されたとき断った経験をしています。

 オーストラリアのかたは、平和は良心をもってのみ実現する、と述べ、ひとりひとりに価値があることを認め、多様性を認める必要を説きました。オーストラリアで開催されたピースフォーラムは民主党がサポートし、知事も出席し、さまざまな宗教の人たちが集まったとのこと。持続可能で命を大切にする未来を目指します。

 南アフリカのかたは、もっとよく知るために参加したということで、今回「平和のためのアフリカ連合」が結成されたという嬉しいニュースが発表されました。

 ルワンダからは国会議員が参加していました。ルワンダには内戦がありましたが、やっと平和が戻ってきたので、生まれてきて、殺される心配をしないで天寿を全うできる社会をつくりたいと話しました。

 アメリカの20歳の男性と女性も発言しました。自分達の世代は絆が断ち切られて他の国より暴力が多いけれど、教育により暴力をなくし、つながりを回復したい。平和省の運動はまだ小さいけれど30以上になった。だんだんと広げてゆきたい、ということでした。

 居合い道とヴァイオリンのコラボレーションをはさんで、第2部は「平和省ができた世界の未来」でした。プログラムにはディスカッションと書いてありましたが、時間がなくて順番に意見を述べる形になりました。

 ルワンダのかたは、インフラ整備などで活躍してくれている日本に非戦の伝統ももたらしてほしい、日本人は政府に憲法9条を取り入れるよう要請したほしい、と言い、フィリピンのかたも、日本政府に世界に9条を広めるようにしてほしい、9条を実践してほしいと語りました。フィリピンでは独裁政権が終わったときにDepartment of Peace ができたけれど、小さいのでもっと大きくしたいそうです。

 アメリカのかたは「日本は9条がある美しい国」と話し始めました。アメリカでは平和省をつくろうという法案808を提出しようとしており、平和大学ができたそうです。世界の平和省大臣が連体し、紛争が発展する前に解決するようにすれば持続可能な世界になる。暴力の文化から平和の文化へ変えよう、という発言でした。

 「不安を解消するために防衛力を増大させれば他の国を脅かす、強さは平和と近隣とのよい関係から生まれる。偽物の国のプライドに国家予算を使うことは国を弱体化させ、ますます不安を煽る。」「歴史の授業で紛争のことばかりでなく、解決できた例も教えるべき」「平和を仕事にする役人がいない」「現状を変えようとしなければ進歩はない」などの意見がありました。

 最後に国連の武装解除の現場で仕事をしていた伊勢崎賢司さんがコメンテーターとして発言しました。
「日本を平和主義者だと思っているようだが、それは美しい誤解である。日本は憲法違反のイラク特措法とテロ特措法を通した。今アフガニスタンには国連のISAF(国際治安支援部隊)とアメリカ、NATOのOEFがはいっているが、OEFは兵士の戦死を防ぐために強力な爆弾を投下し、子どもを含む市民を巻き添えにしている。日本人が今考えるべきことは、OEFを直接サポートしているということは、市民を殺す作戦に加担していることになる、ということである。」

 フィナーレではイスラエルのかたとパレスチナのかたが一緒に「地球会議宣言」を発表しました。

平和省プロジェクト

きくちゆみさんのブログ


 ホームレスの仕事をつくる「ビッグ・イッシュー」77号は平和省特集です。販売員はバックナンバーも持っているので、売っているところを通られたら、ぜひ買ってお読みになってみてください。200円です。



posted by ヘリオトロープ at 00:48| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

9・11とイラク

 3時間以上なんて長過ぎと思いつつ、思わず見てしまいました。こちら
なんでも、9・11の現場で救助活動をしていた人たちにリンパ腫や白血病など各種の癌が多発しているとのこと。救助犬もずいぶん死んでいるそうです。広島・長崎の原爆から数年たって癌になる人が出てきたのと同じような状況だそうです。米国政府が説明するように熱で鉄骨が溶けてあんなふうに崩れるなんてありえないし、1000人もの人の遺体が蒸発してしまっているのだそうです。アメリカでも自作自演を疑う人がだんだん増えているようです。

 イラクに大量破壊兵器はなく、9・11とも関係なかったのに、アメリカのイラク攻撃をいち早く支持した日本の政府はいまだに間違っていたともいわず、責任もとっていません。自衛隊の給油がイラクで使われているという憲法違反行為ともども野党には国会で追及していただきたいです。

 上記のビデオの中できくちゆみさんが薦めているビデオを制作した16歳の少女のブログに行ってみました。16歳でこんなに頑張っているなんて感心しました。

Peace Takes Courage

Animations のところをクリックすると彼女が制作したビデオがたくさんあります。


 イラク首相がアメリカの「警備会社」ブラックウォーターがイラク民間人に銃を乱射して殺害した件で、容認できないと発言したニュースがありました。このブラックウォーターはもともとは警備会社だったのが、ブッシュがイラク戦争を考え始めた2002年に急成長、戦車や航空機まで持っている傭兵派遣会社です。創設者は共和党の大口献金者でキリスト教右派と関係が深いのだそうです。無法なことをするのでイラク人に忌み嫌われています。傭兵は民間人ということで軍法会議にかけられることもありません。今5万人ほどイラクにいると見られています。一国の中に私設の軍隊があるなんて、アメリカの憲法にも違反しているそうです。

FACTAonline 戦争「外注化」イラクでお手上げ
posted by ヘリオトロープ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

「夢の破片」

 久しぶりにミステリーを読みました。ミステリーというより、サスペンスというのでしょうか?モーラ・ジョス作「夢の破片(かけら)」ハヤカワポケットミステリ 猪俣美江子訳 シルバータガー賞受賞作品です。

 ジーンは父を早く亡くし、大学進学をあきらめて秘書学校を卒業、働きながら意地の悪い継母の介護に若いときを過ごしました。自宅の火災で義母が亡くなってからは、留守番を派遣する会社に登録し、転々と住み込みで留守番をして暮らしてきましたが、会社からはもう年だから今回の仕事で最後と言われていました。依頼者からはキッチンと与えられた部屋以外ははいってはいけないと言われていましたが、偶然鍵束を見つけて部屋を見て歩きます。その屋敷も調度品などもジーンには自分のもののようにしっくりときて居心地がよいのです。しばし女主人のような気分になっているところへ、妊娠して恋人に捨てられたステフと、車の保険も払えず盗品を売るようになったマイクルが偶然やってきます。恵まれない生い立ちと誰にも必要とされていないという共通点を持つ3人は家族として暮らし始め、初めて幸せを感じます。お互いを大切に思い、この幸せを失わないためならなんでもしたい…

 犯人探しのミステリーではありません。冒頭のジーンの手記を読んでも読者にはどういうことなのか謎なのですが、読み進むにつれ、どうなっていくのかと引き込まれます。どう考えてもずっと続くとは思えない団欒…


 話かわって、今日のおすすめブログは言の葉工房さんの「裁判員制度の実態」です。日本国籍を有し、衆議院の選挙権を持っている人、義務教育を受けている人、禁固刑以上の刑に処せられたことがない人なら誰でもいつ選ばれるかわかりません。

「候補者は出頭を求められ、思想や行状を調べられ、裁判員に相応しいかどうか審査する。その結果、相応しい人を裁判員にし、さらに予備裁判員を決める」のだそうです。 仕事の都合なども考慮されず呼び出され、思想調査されるなんておかしくないですか?その上、答えることを拒否することは許されず、虚偽を言った場合や、あとで表決の議論や裁判員が誰だったかなどの内容をもらした場合は罰金や禁固刑の罰則があります。かえって民主的ではないように思えます。他にもいろいろぜひ読んでいただきたいことが書いてあります。
posted by ヘリオトロープ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

「あの戦場体験を語る集い」

senjotaiken.jpg


 昨日日比谷公会堂にて開催された「あの戦場体験を語り継ぐ集い〜全国の牢兵士、62年ぶりに一堂へ!〜」に途中からですが、行きました。戦場からの帰還者310万人のうち、高齢化で今健在なのは十分の一以下と推定されるそうで、その中から15万人の体験談の収録をめざしている「戦場体験放映保存の会」と社団法人マスコミ世論研究所主催です。
 
 「戦場体験放映保存の会」は、無色・無償・無名が原則で、ありのままの体験を記録保存するのが目的です。ボランティアもけっこう若い人がいるのが嬉しいです。昨日は1700人以上の聴衆が集まり、盛会でしたが、語る人ひとりひとりの持ち時間が短すぎ、これから言いたいことを言おう、というときに時間切れになってしまう人があいついだのが残念でした。

 いくつかの体験談を載せさせていただきます。

・戦艦「武蔵」の生き残りのかた
米軍による第一波の空襲から四波、五波、と武蔵を狙ってきた。地獄の責め苦。艦内の病院のようになっていたところは「人間の塩辛」状態だった。靖国神社で慰霊祭を死ぬまでやっていく。

・陸軍?で中国にいたかた
戦争とはあなたの愛する人が殺されるということです。150日にわたる3000キロの行軍、空腹と疲労、蛇や蛙も食べる。自殺、逃亡するものが出た。戦友がマラリヤで死んだ。もう戦争はいやだ。今日の平和は先輩の犠牲の上にある。改憲はぜったいいけない。

・18歳で陸軍航空兵として満州に行ったかた
戦闘機はぼろで100キロ爆弾が積めず50キロ爆弾を積んだ。出撃すると燃料が足りないので帰れない。スターリンと瀬島のせいで60万人が捕虜収容所に収容されたがいまだ戦後補償を受けていない。耕しただけ畑がもらえると言われて移住した開拓団ともども国に捨てられた人々といえる。アメリカの行う戦争に賛成する風潮が起きないように孫子に伝えなくてはならない。権力・政府・軍は、ことばでは国民の生命、財産を守るというが、うそである。

こちらのサイトで、昨日の録画ではありませんが、体験談の動画をご覧になれます。


世論力テレビ


 入院中の上田哲さんが車椅子で壇上にあがり、組織、資金もなく、日比谷公会堂でできるのかと思ったが、たとえ100人でも集まればと、自己負担で機材を買って取材にいくようなボランティアたちの献身的な努力によりここまできた。戦場体験は戦争体験より鮮烈なので、次世代に伝えたい、と話しました。痛みで声が小さいと司会の方の前置きがありましたが、力強い声でした。
 
 上田哲さんというと、もと社会党と思われるかたもいらっしゃると思いますが、この会は
・いかなる政治・宗教の利害の立場も受け付けない 
・戦争体験そのものをそのままに 
・議論はよいがどの議論にも流れない 
をモットーにしているということです。八百屋、魚屋のおにいさんが赤紙一枚で招集され苦しんだことを伝えるのが目的だそうです。

 発言者の中にも、今の時代滅私奉公の精神が逆に滅公になっているのがいかん、というかたもいれば、憲法9条を守ることに老骨をひっさげて頑張りたいので皆さん協力してください、というかたもいました。

 15万人の証言のDVD化を目標にしており、何の義務もない会なので、ぜひ入会してくださいとのことでした。


戦場体験放映保存の会入会のごあんない

posted by ヘリオトロープ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

うんざりな総裁選やその他

 国連の謝意の件、安倍氏がブッシュに頼み込んだ結果だそうです。
ウェブ魚拓です。
「謝意盛り込み」首相が直談判

 ところで、アメリカでは戦争をテーマにした映画が次々作られているそうです。

米映画界で戦争テーマが復活、話題作が続々登場


 さて、何十億円もの税金を無駄遣いして国会を空転させている総裁選、次は福田さんに決まりといわれていますが、どうでしょう。週刊誌などが福田バッシング、麻生擁護を始めたように思います。まず総裁選が盛り上がっているかのような報道をして、安倍さんの無責任さや切っても切っても金太郎飴のように出てきた事務所費その他の不祥事を忘れさせておいて、麻生さんがかわいそう、麻生さんの方がはっきり言ってくれそう、麻生さんの方が面白い、という世論を作ろうとしているのではないか、とひねくれものの私は疑ってしまいます。

 でも、所詮麻生さんもこの程度。

華氏451度さん「麻生太郎様―あなたはパシリになりたかったのですね」

 福田さん、麻生さん、安倍さん、みんな同じ穴のムジナ。
早く解散総選挙して民意を問うてください。
posted by ヘリオトロープ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。