2008年02月01日

今日もあれこれ

 いつも民主主義について理路整然と考察し提言している
村野瀬麗奈さんがご紹介くださったブログの記事、私も強く頷きながら読みました。

「霊感商法国家、日本?」

abi.abiさん作成のバナーです。

村野瀬玲奈の秘書課広報室

 教育再生会議が徳育の必要性を強調して最終回を迎えたそうです。一番徳育が必要なのは経団連と与党議員だと思いますが…
ゆとり教育の良し悪しなどといっても、再生会議のメンバーはゆとり教育がなんなのかわかっていないとの意見が内部から出ていましたね。

 また死刑執行のニュースです。金曜日が要注意日だそうですが、やはり金曜日です。国連が死刑執行停止を求める決議をした直後に3人、それから何ヶ月とたたないのに、また3人、日本では執行しています。一方ではアメリカの州が停止したり、ウズベキスタンが廃止を決定したりしています。

 犯罪者であろうと国が国民を殺すということは、国家が国民に対し生殺与奪の権を持つ強権国家に繋がりますから、文化的な民主主義国家では死刑を廃止しているのだと思います。これも被害者が気の毒という心情につけこんでいると思います。過去の記事「罪と罰」をご参照下さい。また、犯罪を犯すのは疎外されて育った人です。悪い環境で育った人でもちゃんとした生活をしている人もいる、というのを言い訳に、犯罪を犯した人を厳しく罰するだけで原因を解明してそれを失くしていこうと努力しなければ、殺伐とした社会になって行くでしょう。

死刑存廃国リスト
posted by ヘリオトロープ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

道路族と地頭
Excerpt: 地頭はすなわち将軍と主従関係を結んだ御家人です。この力を利用して荘園におもむいた地頭は土地や農民を荘園の持ち主から奪っていきました&h...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-02-03 10:36

政府のやり方は、地域を壊し、人と人とのつながりをズタズタにしている
Excerpt: この2日の支部長・幹事長会議で自民党山口県連の河野博行会長が、出直し岩国市長選に絡んで、立候補を予定していた井原勝介・前岩国市長の...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-02-04 00:38

医療費抑制政策のおかしさ
Excerpt: 朝、家事の合間にチラチラと見た国会中継は、参議院の予算委員会でした。  民主党櫻井充氏が、医療費が抑制されてきた私たちの国の“医...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-02-05 00:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。