2008年01月23日

カルラのリスト

 やっと「カルラのリスト」を見ました。渋谷アップリンクにて、トークイベント『正義とは何か?』付でした。カルラ・デル・ポンテは旧ユーゴスラビア紛争の戦争犯罪人を追及し各国に引き渡させ、裁判を受けさせる、国連検察官です。旧ユーゴ国際刑事法廷、通称ICTY は1993年5月、国連の安全保障理事会によってオランダのハーグに設立されましたが、検察局は安保理からも独立しています。現在は、地域や機関を限定せずジェノサイド(集団殺害)罪や人道に対する罪(拷問、奴隷制、レイプ、強制的失踪など)、戦争犯罪(武力紛争下で罪のない一般市民を殺害、平和活動の阻止など)を裁く国際刑事裁判所が2002年に設立され、日本も最近加盟しました。ちなみにアメリカ、ロシア、中国、イスラエルは加盟していません。

カルラのリスト公式サイト

 カルラはスイス生まれ、スイスの検事時代からマフィアなど組織犯罪と戦ってきました。1999年旧ユーゴスラヴィア国際刑事法廷(ICTY)と、ルワンダ国際刑事法廷(ICTR)の検事に任命され、2003年からICTYに専念。映画では任期は2007年12月までということでしたが、延長されたのでしょうか?

 カルラのリストに載っている戦争犯罪人たちはなかなか行方が知れず、カルラは被害者家族たちを失望させているだろうと言いつつ、決してあきらめず、スイス政府提供のチャーター機で飛び回って、当事国の首相に会って折衝し、戦犯逮捕に協力するよう要請を続け、ついにクロアチアの将軍は逮捕にこぎつけましたが、カラジッチやムラジッチはまだ逃げています。セルビア政府が口約束だけしても協力せず、軍の保護下にいるのではないかということです。

  トークイベントでは、雨宮処凛さん、アムネスティ事務局長の寺中さん、学生さんたち、それに客席も加わって意見を述べ合いました。

 最初学生さんたちからは、「『正義の遂行』ということばに違和感を感じた。なぜなら、『正義』を理由に戦争が起こされたりするから。『正義』とは何か?」「正義とはひとりひとりの命が守られること」などの意見が出され、雨宮さんも「カルラはこの地位にいるから、できるのであって、国連に入らなくては正義を追及できないような気になってしまうと、中卒ではできないことになる。あまりこの映画にははげまされない」と述べましたが、のちに客席からは「お金持ちで何ヶ国語を自由に使いこなせても、この仕事を引き受けたい人など他にいないだろう。命がけでボディーガードがついて防弾ガラスの車を使っている。」の意見が出ました。真正面から向かってゆき、熱くスピーチするカルラはかっこいい、との声も。

 寺中さんの意見は、「『正義』と口にしたとたん、それは虚構になる。ミロセビッチたちの側も自分達が正義だと思ってやっていた。カルラも虚構だとわかってやっている。なぜなら、(正義といわれるものを)失った被害者たちが回復を求めているから。人道に反する犯罪を行うと裁かれる、ということが抑制に繋がることを期待する」というような内容だったと思います。メモしなかったので正確でないかもしれません。
 
posted by ヘリオトロープ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80218595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

暫定税率延長のおかしさ
Excerpt: 今日の朝刊。  連日不愉快な記事が多くて、家人が取ってきたものが目に入るたびに胸が痛くなります。  今日真っ先に目についた記事は、...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-01-23 15:50

巨額道路予算に群がるのは?
Excerpt: luxemburgさんに教えてもらいました。山崎養世さんもいろいろ書かれています。  ガソリンなどからの財源が9兆円超、高速道路から2兆5千億円、...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-01-24 23:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。