2008年01月04日

「狂った裁判官」

 「狂った裁判官」(井上薫著 幻冬舎新書)を読みました。新書は文字が大きくかさばらないので、電車の中で読むのにちょうどよいです。

 日本では刑事裁判では99パーセントが有罪になりますが、どうしてか?著者によれば、まず、検察が有罪になりそうな事件しか起訴しない。無罪になると、検察官の人事評価が減点になるのだそうです。そして、裁判官はというと、自分が無罪にして控訴されて上の裁判所で有罪になると、やはり評価が減点になるようです。裁判官も左遷されたくないし、裁判官の任期は10年で更新されないと退官することになるので、悪い評価はもらいたくない心理が働いてしまうということです。検察は上下一体だけれど、裁判官はひとりで判断しなければならないプレッシャーがある。裁判の前に判決文を書いている人もいるとか。

 民事は和解が多いが、それは、裁判で勝っても相手に支払能力がなくてはもらえないので和解してもらえるだけもらうほうがよい、などの理由のほかに、判決起案をすべて書くとなるとかかえている件数をさばけないから、という理由もあるそうです。新しく受けた件数より解決した件数が少ないと「赤字」といって、能力がないように思われ、ネット上にも一覧表がさらされます。

 もともと裁判官になるタイプは優等生で変わったことをしない行動パターンの人が多く、判例に頼りすぎるとも著者は批判しています。

 人を裁くときには、本当にこれでよいのか、何度も書類を見直し、常に頭から離れない状況になるが、自分から志願したのではない一般人の裁判員にそれができるのだろうか?また、世間が「死刑に!」と騒いでいても、法に照らし合わせて無期懲役がふさわしければ無期懲役の判決を出すのが裁判官なのに、法律を知らない人が「世間の常識」で判断するようになっては、法ができる以前に戻ってしまう。8割がたの人がやりたくないという制度を作ることも民主的ではないし、裁判員制度は始まる前に廃止するべきである。


 なるほど、と思ったり、内側からみるとこうなのか、と思うことが書いてある本ですが、新しい証拠が出ても裁判では見てもらえない、アリバイもなかなか認められないなどには踏み込んでいません。著者はあまり人事の評価を気にせず、上司の言うことも自分が正しいと思えば聞かずに再任されなかった人なので、きちんと判断してきたのかもしれませんが。

 著者は判決理由にはよけいなことは書くべきではないとして、例に、小泉首相の靖国参拝によって精神的苦痛を受けたとして10万円の慰謝料を要求した裁判をあげ、原告に損傷はなく、損害賠償は認められないのだからそう書けば済むのであり、「違憲であるが」などはいらない、と主張しています。けれども、原告は10万円が欲しくて訴訟を起こしたのでなく、靖国参拝は違憲ではないかと訴えたかったのであり、日本ではこういう形でしか訴えることができないからそうしたのです。コスタリカのように、アメリカのイラク侵攻は違憲だと一学生が訴えて裁判で認められ、アメリカの有志連合からコスタリカの名を削除させた、などということができる制度の国であれば、著者がいうことは筋が通っていると思いますが。

 裁判所には国会で作った法や行政の処分が違憲ではないか、審査する権限もあるそうですが、それなら、安倍政権の教育基本法など審査するべきではないでしょうか。




4日 コスタリカについて間違いを訂正しました。
posted by ヘリオトロープ at 00:38| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

で、裁判制度には問題が多いのだろうな、と思っていましたが、裁判官の人事評価にもそんな問題があったのですね。
やはり統治しやすいシステムを明治時代に作りあげていたのでしょうか。
Posted by とむ丸 at 2008年01月04日 10:34
あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

戦後司法を重んずるアメリカによりだいぶ改革されたようですが、どうも日本人には三権分立とか、裁判官の自立とか理解しきれていないのでしょうかね。
Posted by ヘリオトロープ@管理人 at 2008年01月05日 01:29
ヘリオトロープさん、今年もよろしくお願いいたします。なんとか民主主義がまともに機能する日本にしたいと思います。そのためにも政権交代は不完全ながらその第一歩になると確信しています。

この記事、覚えておきたいので、トラックバックいただけないでしょうか。こちらに
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-529.html
Posted by 村野瀬玲奈 at 2008年01月06日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76288601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

改革派知事は何をしたいのか?
Excerpt: 東京新聞Tokyo Webでちょっと気になる記事を見つけました。 「『改革派知事』ら新連合 分権推進へスクラム 超党派議員賛同募る」です。 「...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-01-05 15:50

電子投票は慎重に検討すべき。民主主義の不完全な今の日本での拙速な導入を強くいましめたい。
Excerpt: 今国会で審議されている、そのわりには新聞であまり詳細な報道を見ない電子投票について考えるとき、大前提となる私の認識は、「日本では...
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2008-01-06 13:56

不正を生む可能性が少しでも残る投開票方法の拙速な導入は民主主義に仕掛けられた時限爆弾です (電子投票をめぐって)
Excerpt: 前回に続いて、選挙制度というか投開票方法を不正や誤りの入りやすいタイプの電子投票にしては絶対にいけない、というお話を続けます。投...
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2008-01-06 22:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。