2007年12月18日

メタボ特定検診

 メタボリックシンドロームから起きる病気を予防するとのことで、特定検診がもうすぐ始まります。ずいぶん面倒見がいいと思ったら、この前地元の議員さんに、節目などの今までの健康診断にこれが加わるのではなく、今まで行われていた項目が減らされるのだと聞きました。地区によっても違うようですが、腎臓病や貧血の有無を調べる検査がなくなるそうです。お腹周りなど自分で測るから、今までの項目くらいの健康診断はしてほしいですね。

 と思っていたら、ゆうべのTBSラジオ「アクセス」はこのメタボ検診の話題でした。ゲストは『メタボの罠  「病人」にされる健康な人々』(角川SSC新書)の著者大櫛陽一先生です。メモを取らなかったので、覚えているところだけ書いてみますね。



 ・日本で肥満が増えているとは言っても、アメリカに比べ、それほど多くはなく、むしろ痩せすぎの人が比較的多い。何十万人もの統計から、ややメタボ気味な人が長生きし、痩せすぎだと癌の発病率が高くなることがわかっている。それにひきかえ、国の統計は調査した人数が圧倒的に少ない(数十人〜)。

 ・メタボリック・シンドロームはそれ自体が病気なのではない。厚生労働省は糖尿病や心臓病の予防を考えているのだろうが、日本人で糖尿病になる人の55パーセントは肥満ではない。

 ・背の高い人、低い人など関係なく一律に男性85センチ、女性90センチで区切るのはおかしい。力士は毎日運動しているので胴回りはあっても糖尿病は少ない。

 ・検診を受けない人がいたり、効果があがらないと、健康保険組合にペナルティーが課される。結果として加入者の保険料負担が増える。

 ・この基準で判断されると、3000万人が病院に行くよう勧められることになり、本当に治療が必要な人が待たされるなど、現場が混乱する。

 ・今まであまり声をあげる学者がいなかったのは、予算をカットされるのを恐れてのこと。



 リスナーが「製薬会社や病院が儲かるだけではないか。それより、ホワイトカラーエグゼンプションみたいなサービス残業をさせる制度を作ったりしないで、残業や遠距離通勤で夜遅く食事をしなければならなかったり、ストレスから過食になるような労働環境をなんとかすべき」と意見を述べていましたが、本当にそのとおりだと思います。

 この制度は肥満も病気も自己責任とすることで、皆保険制度を壊すという意見もありました。
 
 こうみてくると、自分達が悪いのだからと責任転嫁して保険料を上げようと企んでいるようにも思えます。国民のお腹周りにまで口出しするなんて、SFか童話にでも出てきそうなファシズムのような気もします。それに、なんだかんだいって、また天下り機関が増えるのではないでしょうか。


特定検診・特定保健指導の趣旨・概要について (厚生労働省)pdf
posted by ヘリオトロープ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73439224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

終わりのない軍拡競争
Excerpt: 海上配備型ミサイル、初実験成功 宇宙空間で標的を迎撃、と朝日は言い、 ミサイル防衛:初の迎撃実験成功 海自艦からSM3発射−−ハワイ沖、と書くのは毎日。 1発20億、総計60億円 米高官 &ldq..
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2007-12-19 11:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。